2017/04/18

富山の春

富山の春には、何日か台風じゃないかってくらい強い風が吹きます。
今朝も容赦ないくらい、西や南西方向からスイング爆風が吹いていました。
春、だなぁって思います。
牧場も3年目の春を迎えました。
子どもたちも、気が付けばこんなに大きくなりました。
開業当初は、次男坊と同じくらいだった長男。
まだ寝がえりできるようになったばかりだった次男。
あっという間に、追いつかれて追い越されそうです。
追い越していってくれるような大人に育ってほしいと思います。
こっちは必死に逃げ切りを図りますが、
今の子供たちを見ていると、まぁ無理でしょうね(笑)
ほんとうに、頼もしく、しっかり強く育ってくれている。
そう感じます。
親としては、何もできてないですが、
地域、人、子供に感謝です。本当に。

君たちの将来を思うと、もうちょっと頑張ろうかなって思えます。

ありがとう。

2017/04/10

牛は管理しきれない

自然分娩で生まれ、ゆったりと過ごしている。
酪農家を目指し、勉強する中で、自然と身に付く思考回路があります。
酪農とは、いか様に牛を管理し、経営を回すか。
その手段は、畜主の考え方やその牧場がおかれた環境によって左右されます。
健康に、自給飼料で、乳量を多く、経費を少なく、育種を、などなど
切り口は無数にあって、それが酪農経営の多様化を生み出していて
酪農を経営する上での面白さがそこにあると思います。

ですが、こんな考え方もできます。
「牛は管理できない」
私の考えは、この考え方に近いものがあります。
「生き物を管理する」
という思考回路はかつて、私も持っていましたし、
その質を向上させようと必死で学んで実践していた時期もありました。
しかし、その取り組みは実践すればするほど、人が疲弊し
牛と良い関係を築くことが難しいという、半ばあきらめの様な間隔を抱きました。
そんなときに、牛も人と同じ生き物だという事を思い出しました。
牛を生き物として尊重し、共に暮らすという意識が、
「共生」という関係を築くことに、互いにメリットが生まれると気づきました。

生きる力を利用して、生きていく。
農業、畜産の醍醐味かと思います。

2017/04/06

掲載情報など

4月に入り、暖かい日が続いています。
ここ高岡でも桜やチューリップ、菜の花が咲き始め、
立山に見える残雪と春の花々のコントラストがとても美しい季節になりました。

さて、2点お知らせです。

このたび、農文協さんから原稿依頼を受けまして、
なんとか月刊誌「現代農業」5月号に掲載させていただくことが出来ました。

また、高岡ケーブルネットワークの新番組「高岡遠近」の第二回の国吉特集にて
少しだけclover farmの風景も使用していただきました。

季節の変わり目、朝晩はまだまだ寒い日もありますが、
皆様、お体にはお気をつけてお過ごしください。