2014/12/31

clover farm初年、お世話になりました。

力蕎麦を食べながらの大晦日。
今年をのんびり振り返っています。

今年は6月に、高岡でつながり、就農の話が舞い込んできました。
あっという間に展開したこの話、凄いチャンスが手の届くところに来て、
迷わず掴みに行いきました。

農家さんを通じて、若手農家さんとつながり、地域の方とつながり、
離農していく農家さんとつながりました。
その間、2週間。本当にいつ、どんな形でチャンスが舞い込むかわかりません。
心からそう思わされるきっかけでした。

そのチャンスを逃さないために、準備をしてきました。
そのおかげで、迅速に対応することができました。

このclover farm旗揚げ準備の半年を過ごした2014年。
県、市、地域の協力を得て、資金の方向性、目途が立ってきました。

来年2015年はいよいよclover farm旗揚げです。
中学生の頃からの夢に手が届くところまで来ました。

今思い描いている夢は、当時のものよりもずっとずっと先を見ていますが、
一つの区切りとして、15年夢見てきたものが実現ができそうです。

関係の皆様、大変お世話になりました。
応援して下さった多くの方々、いよいよです。

来年も、動向に注目していただけたらと思います。
そして、来年もお世話になります。

よろしくお願いします!

2014/12/30

次は青年等就農計画申請

夏からずーっと行ってきた経営計画5年分の作成なんですが、
これは、これから申請する「青年等就農計画」の内容となります。
この計画を就農する市町村に申請して認定していただくことで、
「認定新規就農者」となり、各種補助や融資を受ける事ができるようになります。

もし、個人として一から農業に参入しようとすると、
この段取りは不可欠だと思います。

と、いうのも、何の農業基盤も資金も持たない人間が
農業を始めるということに、世の中はかなり慎重に接してきます。
銀行や農協からの融資を受けることはほぼ無理だと考えておくべきです。

このため、日本政策金融公庫が頼みの綱となります。
その上限額も3,700万円が現状と、畜産を始めるにはとても厳しく少ない金額です。
その中で上手に経営開始をするには、出会いと運とがかなり左右してきます。

なので、いつでも尻込みせず、かつ前のめりになりすぎないように
常にチャンスを冷静にうかがう姿勢が重要です。

そのためには、普段から
自分が何をしたいのか、多様なシミュレーション、人脈を広げる事を
意識して準備をしていないとチャンスは掴めないように思います。

今の話に出会って、何とか進んで行っているのも
運が良かったと思います。

この運をチャンスとして逃さないようにしていきたいです。

農林水産省/青年等就農計画について

2014/12/23

また一歩前進

御無沙汰しておりました。

今いる黒部は、4年間住んできた中で、12月にしては一番雪が降っています。

さて、
夏に始まった独立の話。
そこから、事業計画の経営シミュレーションについて、
県の関係機関、高岡市、金融公庫などなど、多くの方の協力を得ながら
練り上げた計画が、先週ようやく普及センターの承認を頂き
一歩前進しました(前進させていただきました)。

今日は、先方の農家さんへ、進捗状況の報告と、
かねてからお世話になっている酪農家さんと獣医さんへも報告。
色々なアドバイスを頂いて、
あれもした方が良い!
これもしといたほうがいい!
ここはどうなの?
そっちは?
と、すごく気にかけてくれます。

新規で何かを始めようとするとき、
これだけ親身になってくれる大先輩方の存在は重要だし、
ある意味「必要」だとも思います。感謝感謝です。

これで、次はいよいよ起業準備に入れます。
年明けたら、個人事業主関係の手続きや、住民票の移動、引っ越しなどなど
話を進めていきたいと思います。
時間を見つけて、畜舎の改修などにも着手していきます。
牛の世話ももちろんしたいです。

いよいよです。やっと動き始めれます。
体が資本=体を資本にできる。
この手の職業の武器で弱点ですよね。
可能性は俺次第です。

2014/12/01

牧場Lifeを楽しむ


私達夫婦の趣味がインテリアだったり、「豊か」な暮らしを目指すことなので、
牧場の経営計画だけでなく、牧場でどうやって遊ぶ?ってな話にも花が咲きます。
私達夫婦が思いっきり酪農生活を楽しむことが、子供たちの楽しい生活に
つながればいいなぁとも思うし、遊びに来てくれた友人知人、営業の人、お客さん
それぞれに、「また来たい」と思ってもらえる牧場になればいいなぁとも思います。

酪農の武器は、「家での仕事」。
この武器を最大限に活かせるよう、夫婦で今からウキウキしています。

akira